Iphoneを使えば修理屋は必須な存在

Iphoneは手のひらに収まるくらいの小さな端末でどこへでも持ち運べ、どこでもインターネットとかゲームとかできるわけですが、今頃のそれは使えば修理屋の利用は必須な存在であることを覚悟しなければなりません。
何年もまったく平常に何の問題もなく使用しつづられるなど考えてはなりません。
ではなぜ何年も何の問題もなく使用できないかは、Iphoneの構造上の致命的な問題が解決されないままだからです。
まず修理屋さんに依頼する故障の原因には複数あります。
その複数のなかで大きな件数を占めてるのが、画面の破損、ボタンの反応劣化、バッテリーの反応劣化となります。
画面の破損は利用者の不注意によって地面や床に落としてしまったり、端末自体がより一層薄くなって登場しているために、ちょっと端末に圧力がかかっただけで破損しやすくなります。
これを解決するにはストラップを取り付けられるようにすること、そして薄さの追求をやめてガラケーのように折りたたんだり少々分厚くしたりなどが要求されます。
ボタンの反応劣化はケーブルの破損となります。
バッテリーの反応劣化もリチウムイオン電池と電力消費の構造上の宿命で約400回程度の充電が寿命となっています。
ゆえ毎日のように使用していれば数年も持たずしてダメになる可能性を高くしてしまうわけです。